知っておきたい!オートロック物件のメリットとデメリット


オートロック物件にはどんなメリットがあるのか

オートロック物件のメリットとしてまず挙げられるのは、部外者を建物内に入れないように出来ることです。このオートロックという設備は、建物の共用玄関に鍵があり、入居者だけがその鍵を開けることが出来るようになっています。ですので、基本的には入居者か、入居者が許可した人しか建物内に入ることが出来ません。次に挙げられるメリットは、新聞の勧誘などの訪問営業が来てもインターフォン越しに断ることが出来るということです。訪問営業というのは、面と向かって話をされると断りにくくなる場合がありますが、オートロックの物件なら、インターフォン越しでの対応で済みます。そのため、不要と判断したらインターフォンを切るだけで断ることが可能でしょう。

オートロック物件にはどんなデメリットがあるのか

オートロック物件のデメリットとしてまず挙げられるのは、必ずしも部外者の侵入を防げるわけではないということです。入居者の後ろについていけば比較的簡単に入ることも可能ですし、場合によっては、暗証番号が見抜かれてしまうケースもあり得るでしょう。もちろんオートロック物件は、そうでない物件と比べると安心感があると言えますが、そのことに過信することなく防犯意識を持っておくことが大切になります。次に挙げられるデメリットは、オートロック物件は、そうでない物件よりも家賃が高くなるということです。オートロック物件は、アパートよりも家賃が高いマンションに多く、さらにオートロックの設備もプラスされるため、どうしても家賃が高くなってしまいます。ですので、オートロック物件を探す場合は、家賃の設定に余裕を持たせておく必要があるでしょう。

苫小牧の賃貸では、便利で快適な日常生活を送るための設備が充実している物件が多く、一人ひとりのニーズに合った物件を見つけられます。