賃貸住宅選びで失敗したくない!賃貸住宅の選び方3選


駅がとても近い賃貸住宅

賃貸住宅を選ぶ時の最重要ポイントは、駅が近いかどうかです。駅が近いというだけで様々なメリットがあります。通勤が楽だったり、駅の近くにはお店が多いので買い物しやすくなったり、客人を招きやすくなったりなど、良いこと尽くめなのです。仕事へ向かうための通勤時間が短ければ短いほど自分の時間を確保しやすくなります。一般的に駅が近いと家賃が高くなってしまうのがデメリットですが、駅が近いとバスの定期代や、駐輪所などの費用があまりかからないこともあります。

耐震性能が高い賃貸住宅

建物の倒壊は命に関わります。家賃の安さなどで賃貸を選ぶよりも、まずは自分の命を守れるかどうかで選ぶということが大切ではないでしょうか。1981年に建築基準法の改正で耐震基準の大幅な見直しがはかられました。そのため、1981年以降ならば新耐震基準で家が建てられているので、地震による建物崩壊のリスクが低いです。また、耐震等級を知っておくことでその建物が地震に対してどれくらい強いのか判断することもできるので、賃貸住宅を選ぶ時は参考にしてみると良いでしょう。

近くに商業施設や公共施設があるかどうか

近くにコンビニやスーパーなどがあると毎日の買い物がストレスフリーです。また、公園や図書館、病院などの公共施設を利用する機会が多い人は、それらのものが近くにあった方が暮らしやすいでしょう。人によって必要な商業施設や公共施設は違うので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。賃貸住宅を選ぶ時は、家賃の高さや家の間取りだけでなく、近くにどんなものがあるのかもしっかりと確認しましょう。

室蘭の賃貸は、地域によって交通の便がやや不利なところもありますが、周辺に大都市や観光名所が少ないため、静かな環境で生活を送りたい人に向いています。