要着目!カードキーの賃貸住宅に潜む意外なリスク


スタイリッシュな第一印象に潜むデメリット

オートロックのエントランスと玄関の鍵の双方を、1枚のカードキーで対応する設計が採用されている賃貸物件は、主にワンルームマンションなどに数多く見られます。ホテルの施錠施設を連想させる、スタイリッシュで便利な印象を抱きがちですが、実際には通常の鍵のシステムと比較して、いくつものデメリットが見過せません。

まずはカードとは切り離せない、磁気飛びのリスクです。これが生じた時点で自室に入ることができず、管理会社の営業時間外だった場合、鍵の救急専門業者を呼ばざるを得ません。ところが専門家にとってもカードキーは解錠が難しく、時間を要する、最終的にはドアのシステム自体を分解する大規模な作業になってしまうなど、費用面を含めた事後処理の負担が膨らむリスクが懸念されます。

トラブル発生時のデメリット

賃貸物件の場合、通常管理会社は入居者1人に対し、複数の鍵を手渡すことはありません。通常の鍵であれば万一の紛失に備え、入居者が合鍵を作っておく対応が可能ですが、カードキーではこうした自己対応は基本不可能です。

さらに再発行にも時間を要するため、仮に管理会社がバックストックを怠っていた場合、日常生活に甚大な支障が避けられません。急遽南京錠を増設した玄関扉を時折目にしますが、応急対応策としてはこれが一般的であり、治安上望ましいとは言えません。カードキーはトラブルに弱く、迅速な善処が難しい一面を有していることを正しく理解の上、賃貸契約に際しては慎重に検討することをおすすめします。

釧路の賃貸物件を選ぶときに、駅周辺の環境を確認すると日用品の買い物で有用なスーパーやコンビニが点在しています。また、総合病院などの医療関係も充実しており、緊急時の備えも安心です。